株取引をネットで行うにはどうしたらいいか

つい最近株を始めた人には信じられないかもしれませんが、昔の株取引は電話注文が主流でした。
(他にも直接証券会社に出向いて株を買う方法がありました)しかし、今は圧倒的にネット上の取引が多いです。なので株取引を行うイコールネット上で株取引を行うとなります。では株取引をネット上で行うにはどうすればいいのでしょうか。

株取引をネット上で行うには、まず証券会社に口座開設の申し込みをしなくてはいけません。その後証券会社から各種書類が送られてきて、それから取引が始まるのです。具体的には口座を開設した証券会社のサイトを開きます。そのサイトに必ず、ネット取引システムにログインできる場所がありますのでそこをクリックします。そうすると特別な画面が出ますので、そこに各種書類に書いてあるログイン番号とパスワードを入力します。(パスワードは各種書類には書いてない場合があります)その後ネット取引システムにログインして、口座に証拠金を入金すると証拠金分の株を買うことが出来るようになります。各種操作はそんなに複雑なものでもないので、マニュアルを読めば(読まなくても)大体分かります。

今は証券会社のシステムも昔と違って洗練されているので、ネット取引自体は簡単に出来ます。次にネット取引のメリットについてご紹介します。

ネットで株取引するメリットはいつでも株取引が出来ることです。

株をネット取引するメリットは色々ありますが、その中でも最大のメリットは、証券市場が開いている間ならいつでも、すぐに株を売買できることでしょう。

証券市場は魔物が住むと言われているように、何が起こるか誰にも予測できません。いきなり重大ニュースが飛び込んできて株価が急落したり、あるいは急上昇する場合があります。こんな時、ネットのない時代なら(その頃は携帯電話も今ほど普及してなかったので)ほとんど何も出来ませんでした。しかし今はネットで損切りなどの指示を出せば、被害を抑えられることがあります。このように情報を得た後迅速に行動できる点が、ネット取引最大のメリットと言えるでしょう。

他にも自分のペースで色々な情報を収集して株を購入したり。証券会社の営業時間に縛られない取引が出来たり、便利な事だらけです。他にもネット取引は他の取引より手数料が安いことも忘れてはいけません。自分のペースで取引を行えて、緊急時にも迅速に対応でき、なおかつ手数料が安い、それがネットで株取引をするメリットです。株取引の大半がネットを通じて行われるようになったのも、当然と言えるでしょう。と、圧倒的にメリットが大きいのがネット取引ですが、一応このネット取引にもデメリットが存在します。

ネットで株取引するデメリットは便利すぎることです。

株をネットで取引するデメリット、それは便利すぎることです。現代日本では情報はネットを通じてリアルタイムで収集できますし、またネットとスマートフォンを使えばいつでもどこでも取引が出来ます。これは大変便利なのですが、言い換えればいつでもどこでも株のことを考える必要が出てきます。仕事中でも株の事が頭から離れない、こういったことになりますので注意が必要です。また、ネット取引以前は不便であったがゆえに、株について冷静に考える時間がありました。よく考えたらここで狼狽して株を売るのはまずいのではないか、では様子を見てみよう。こう判断することも出来たのです。

しかしネット取引では、そのようにワンテンポおいて考えることが出来ません。なので悲観的になるニュースが飛び込んできたり、株価が何らかの原因で急落した場合、パニックになって何も考えずに株を売ってしまう事があります。これを狼狽売りというのですが、いつでもどこでも取引が出来るという事は、こういう事態を招きやすいのです。

他にも、何らかの理由で投資家のネット環境が止まる、あるいは証券会社のサーバーがダウンしたら
取引が不可能になるのもデメリットのひとつです。しかし、ネット取引はデメリットよりメリットのほうが飛躍的に多い取引方法です。少々のデメリットがあったからといって、やめるべきではないでしょう。

ネットで株を注文するのは実に簡単です。

最後に ネットで株を注文する方法をご紹介します。と言っても、実はこれ、特に説明するほどの物ではありません。今はネット取引が洗練されているので、マニュアルを読まなくても直感で出来るのです。指値注文のような少し高度な注文も、ネット取引システムを普通に使えば簡単に出来るようになります。

株のネットでの注文方法

ネット注文の簡単な流れはこうです。まず、指定の銀行口座に証拠金を入金します。(リアルタイムで即入金できるクイック入金システムがある証券会社もあります)すると翌日にその入金が反映されているので、翌日になるのを待って株を買います。株の買い方は各証券会社によって多少違いますが、証券コードや社名で検索して買えばいいだけです。後は指値か成り行きで決済すれば、(あるいはしばらく株を寝かせれば)ネットでの株取引は終了です。信用取引などの複雑な株取引はネット取引の難易度も少し上がりますが、慣れてしまえばどうということもありません。いちいちマニュアルを読まなくても勘で出来るほど、ネット取引は簡単なものなのです。

コメント投稿は締め切りました。