投資信託はどんな金融商品

株式投資は一人の投資家がご自身の判断で銘柄を選んで株式を購入するのが基本です。投資信託では投資信託運用会社が複数の投資家から資金を集め、その資金を元にプロのファンドマネージャーが銘柄を選んで投資し運用していくと言う違いがあります。

投資信託にもよりますが世界中の株式や債券、不動産などに分散投資されています。投資信託は証券会社や銀行などで販売されています。販売されている投資信託を投資家に購入して貰い、その資金は信託銀行に保管されます。信託銀行は投資信託運用会社の指示に従って銘柄の購入や売却を行います。証券会社や銀行などは投資家との窓口を担当、投資信託運用会社は運用を担当、信託銀行は資金の保管や管理を担当と役割分担されています。株式は株価の値上がりや値下がりがありますが、同様に投資信託でも基準価額の値上がりや値下がりがあります。投資信託に組み込んだ銘柄が値上がり値下がりしたとき、分配金が投資家にお支払されたとき、信託報酬や監査報酬などの費用がお支払されたときに基準価額の値上がりや値下がりがあります。

投資信託のいろいろなメリット

投資信託は難しい銘柄選びを行わずに済むと言うメリットがあります。初めて投資される方は株式を購入したいと思ってもどの銘柄が良いのかよく分からないことが多いです。株式の購入するタイミングや売却するタイミングも難しいものがありました。しかし投資信託ならプロのファンドマネージャーが代わりに行ってくれるので、初心者の方でも投資しやすいのが良いところです。

基準価額は毎日公表されているので値上がり値下がり状況が分かり易いです。一つの銘柄だけに集中投資すると万が一企業の破たんなどがあると大変です。投資信託では分散投資されていますのでリスクも分散されています。現物株だけで分散投資しようとすると大きな資金が必要ですが、投資信託なら少額資金からでも分散投資が可能です。

さらに分配金を受け取りできる点も魅力の一つです。日本の定期預金よりも分配金利回りの方が高い投資信託も多いです。証券会社や銀行、投資信託運用会社、信託銀行いずれが破たんしても投資家が預けた資金は保護されているので安心です。

投資信託のいろいろなデメリット

投資信託は基準価額が値上がりすれば利益を出せますが、値下がりすると逆に損失になるリスクがあります。銀行の預金のように元本が保証されているわけでは無いです。海外の株式や債券などに投資されている投資信託では為替の変動リスクもあります。円高に進めば進むほど目減りしますので注意が必要です。

さらに債券を発行している国が財政難になったり企業の業績悪化などによるデフォルトリスク、金利が上がると債権の価格が値下がりすると言ったリスクもあります。これらのリスクをなるべく抑えるにはいろいろな種類の投資信託に分散投資する、短期的な値動きに翻弄されないよう中長期投資する、一度にまとめて投資するのではなく期間を分散して投資するなどの方法があります。

その他にも投資信託は信託報酬をお支払することが必要と言うデメリットがあります。投資信託にもよりますが信託報酬は1.5%から2%ほどに設定されていることが多いです。投資信託を購入するときには販売手数料のお支払が必要です。投資信託より株式で銘柄選びに成功したときの方が利益が大きいことが多いと言うのもデメリットです。日経平均など基準指数の値動きよりも高い収益を狙うと言うブルベア型ファンドもありますが、先物やオプションなどに投資しているのでリスクも大きいです。

投資信託よりも株式のほうが有利

きちんと知識を持っている方、銘柄選びが出来る方、リスク管理が出来る方なら信託報酬のお支払が必要な投資信託より株式のほうが有利です。銘柄選びの大変さはありますがどんな銘柄が値上がりしやすいか考えるのは意外と楽しいものです。株式は取引手数料のお支払が必要ですがネット証券の登場でかなり安くなりました。

信用口座を開設しておくと現引き、現渡しを上手に活用してさらに取引手数料を節約することも可能です。現物株を購入し信用取引で同銘柄を売建することで現物株を売却すること無く値下がりリスクを無くせます。さらに取引ツールを利用してリアルタイムで取引できると言う点もインターネットを活用する投資家にとっては大きいです。

海外株式の取引ができる証券会社ならグーグルやアップルなど有名な海外企業の銘柄を購入することだって可能です。投資信託には分配金がありますが株式には配当金があります。配当金を出している企業の株式を権利付最終日までに購入すれば良いだけです。銘柄によっては決算日が異なりますので配当金目的で購入するときは事前に確認することが大切です。

その他にも優待を受け取りできると言った楽しみもあります。ファーストフードや家電量販店、鉄道会社、航空会社と言った企業の優待は特に人気が高いです。その代わりに投資信託より分散投資が行い難いと言ったデメリットがあります。資金力のある方なら分散投資は行いやすいです。

コメント投稿は締め切りました。